頭の中の洪水

言葉に頼っているうちなのでまだまだです。

【固定記事】いとをかしき言葉のお話

 

 

本日も閲覧ありがとうございます。

 

 

 

 

 

言葉はその人自身

皆さんは言霊という考え方をご存知でしょうか。

 

言霊とは、古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。

発した言葉通りの結果を表す力があるとされた。

 

 

という意味合いらしいです。

 

いろいろ個人で感じ方に違いはあると思いますが、わたし個人は言霊は存在すると思っています。

友人や上司に言われた言葉で傷つくという現象も、言われた言葉がずっと残っていて胸につっかえるという現象も、言霊が存在しないと起こらないと思うのです。

 

またその言葉は、思考を使わないと発せられることはありません。

 

 

言霊の話とはすこし離れますが、全ての物事や現実は、思考の後に生まれると考えています。

戦国時代に「電話を使えば、遠くにいる親類と会話することができる」と話したところで、だれも相手にしないでしょう。

下手をすれば「邪教を布教しようとしている!」と言われて打ち首に処せられる危険さえあります。

 

憶測の域を出ませんが電話を作ろうと考えた人も、「離れた人と話せるわけがないでしょうに」と外野から笑われていたのではないでしょうか。

しかし今では当たり前となっています。

成功者の特徴として他者から"笑われた経験がある"というのは、ひとつの指標になるのではないでしょうか。

 

 

言霊

言霊の話に戻ります。

すこし眉唾な話に聞こえると思いますので、話半分にでも聞いていてください。

 

日本語にはとても大きな力が含まれているらしいです。わたしはまだ不勉強なので、ちゃんと説明はできませんが、カタカムナ文明や、カタカムナ文字の48音と現代日本で用いられている48字の一致などです。

カタカムナでは「ひふみよい」や「むなやこと」とかと言ったりするんですが、「いち、に、さん」と今では読んでいる「12345678910」も、むかしは「ひふみよいむなやこと」と読んでいたらしいです。「ひい、ふう、みい」ですね。

 

またあまり知られていませんが、第二次大戦で負けた後にGHQが日本を占領統治しましたが、そのGHQが日本の漢字を無くそうと画策しました。

「漢字というものは複雑にすぎる。あんなに難しいなら識字率も低いだろうし、それが原因で思想も偏る。結果戦争に繋がるだろうから漢字なんて廃止してしまえ」というロジックだったみたいです。

その後全国で一斉に識字率調査を行なった結果、全体の97%くらいが日本語を読み書きできたそうです。

 

漢字廃止計画は頓挫しましたが、神風特攻を生み出した民族を恐れていたGHQですから、どうしても日本の国力を下げたいために漢字の書き換えを行います。

氣を気にしたり、國を国にしたり、學を学にしたり、靈を霊にしたり。

理由等はこちらの動画様で話されていますので、ご覧になってみてください。

youtu.be

 

 

この前太宰治さんの短編を読んでいたら『慾』という字が出てきました。読みは「よく」

意味は欲望の「よく」と一緒ですが、現在の日本では『欲』が一般的です。

これもGHQの言語統制・言語統治でしょう。心が消えていますね。

 

f:id:maro19930624:20201129152556p:plain

https://www.shinchosha.co.jp/book/100606/

 

中學時分は夏目漱石さんの旧字体で刊行された時の文庫とかの文學を読んでばかりいた為、旧字体にも馴染みがあったので特段無理なく受け入れることができました。

ですが、生まれてからも成長してからも目で考えていた人には意識を書き換えるのは苦労なさるでしょうね。

ヒトは考える場所が「心・頭・目」の三つあるとわたしは思っているのですが、その話も機会があればまたお伝えいたしますね。

 

 

同じ意味の漢字でも効果が違う?

なにが言いたいかというと、思い浮かべている漢字次第でも言葉の意味が変わるんじゃないかということです。

GHQの統治前は教科の名称が「國史」だったけれど、現在の學校教育下では、「歴史」になっています(こうの史代さん原作の、映画『この世界の片隅に』でも國史と描写されています)。これは「自國の歴史ではないように刷り込ませる為」であったりするらしいです。

 

 

わたしが非常に氣分良く思わない言葉があります。

「雰囲気」を「ふいんき」を発音している人が多すぎる。正しくは「ふんいき」です。

また、漢字ごとに考えてみると、雰は氣配・囲はとりまく・氣はエネルギー。

つまりその人の纏っているエネルギーという意味合いになります。つまりオーラと同義でしょうね。

それを正しく言わずに「ふいんき」と発音するというのは、その人自身のオーラ(エネルギー)を反故にすることなのではないかと感じます。

 

なにかで、「新しく納めた國や土地は、まず最初に言語を書き換えるのが大前提の常套手段」と聴いたことがあります。

漢字は亡くせなかったけど、言靈的な意味から無効にしてから75年くらいですか。

現代日本でも着々と言語の書き換えの刷り込みが行われていますよね。台所をキッチンと言ったり、鶏肉をチキンと言ったり、まな板をカッティングボードと言ったり。

言語の統制話は華氏451度にも通じますね。

f:id:maro19930624:20201129160738p:plain

https://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/11955.html

 

このお話は、前回に書いた一九八四年の話とも繋がりますね( ¨̮ )

 

floodinhead.hatenablog.com

 

 

文字通り流れて行く言葉と、昔からある言葉

あと個人的に流行り言葉にも不満を感じるんですが、これは若い世代についていけないだけでしょう。

でもその時代だけのスラングみたいなのばかりの文章は、パッと見ただけでも非常に頭が悪く見えてしまうのだなという発見があったので有難い経験だったと思います😉

 

またそれにより逆に思うのは、「昔からある言葉の力」です。

最近の流行り言葉だと「エモい」とかなのでしょうか。あと比較例として「鬼」や「神」もありますよね。

12,3年前に爆発的に流行った「KY」という略語も今ではめっきり聞きません。

ここからわたしは「言語って結構残酷に、かつ容易に淘汰されるんじゃないか?」と思いました。

 

わたしはギターを嗜んでおり、今年で14年目くらいになります。

高校生の時分には「とにかく早く上達するコツ」を求めていたのですが、上達するには「今現在でできることを日々積み重ねるのが一番手っ取り早いと氣づきました(今現在できることを日々積み重ねていると、「これをこうしたらどうだろうか?」という閃きが生まれます)。それを理解したのがつい半年前とかです。

これって「急がば回れ」ということではないでしょうか。

 

他には「人のふり見て我がふり直せ」を実感したお話もあるのですが、非常に印象的かつ"いとをかし"な出来事で、いざ書くとなるときっと長くなるので、また今度個別の記事にしたいと思います。

端的にいうと『他者を通して自分を見ている』です。

 

floodinhead.hatenablog.com

 

 

上記した昔からある言葉は、わたしが認識しているだけでも、祖母祖父の代からは存在していて、淘汰をされていません。

一時的な言葉が10年そこらで淘汰されるているのに対して、90年近くも生き残って、語り継がれていると言うのは、その言葉自体の言靈的な力が働いていたり、ヒトがヒトの世を生きるにおいて、ある種の真理を含んでいたり真理に触れていたりするためではないでしょうか?

 

 

ちなみにわたしが「エモい」という言葉が嫌いなのは、「自身の語彙の貧弱さを改善する氣もなくその貧弱さに胡坐をかいている姿勢が見えるから」です。簡単に言えば向上心がないということでしょうか。

「精神的に向上心のない奴はばかだ」

 

もういっこちなみに、「語彙力」という言葉が幅を利かせていますが、「語彙」は英語でボキャブラリーです。ボキャブラリーは豊富や貧弱と言われるように『量』です。

その量が能力というのはおかしな話なので、「語彙力」という言葉は根本から破綻しており、「語彙力」という言葉をそのまま使う方は、語彙も國語的な言語能力も貧弱だと、わたしは思います🌝

 

 

「無い物ねだり」という言葉があります。

『ないものを欲しがること・無理なことを望むこと』という認識が一般的で、わたしもその意味合いだけだと思っていたのですが、『自ら無い状態や不足感を望む』ことでもあるのではないか?と思いました。

不足感や、理想像などの目標が常にある方が頑張れて充実を感じられるから。

不自由な方が自由にできる』みたいな話ですね。

フレーミングの癖をつけていると、ちょくちょくこういった閃きがおりてくるから楽しいです😚

 

 

『無いものねだり』の話を描きたいだけだったのに、他のずっと思ってたことを書いたら3500字以上も書いちゃってたわ😘

 

 

ありがとうございました\(´-`)/

手綱

 

本日もご訪問ありがとうございます。

 

わたしは伊坂幸太郎さんの作品群が好きです。

数ヶ月前に文庫化された『フーガはユーが』を最近読みました。

 

これは双子が主人公の作品で、作中で二人は父親から虐待をされます。

 

 

虐待。

 

 

親や保護者が自身の子に対して行う折檻のことです。

  • DVと言われる様な暴力を用いた『身体的虐待』
  • 性暴力行ったり性行為を見せたり強要する『性的虐待
  • 言葉による支配やきょうだい間での差別的な扱いをして、その子自身の存在意義を削ごうとする『精神的虐待』
  • 保護者が保護者の役割を放棄する『ネグレクト』

 

と、大きく分けて四種類の虐待があります。

 

 

虐待。

 

 

加害者の保護者は、被害者である子どもが市の職員や児童相談所の職員に保護されそうになると、必死に反抗するそうです。

おそらくは『自分の所有物を取られる』と思うからなのではないか、と考えています。

幼児がおもちゃを取り上げられて泣いている状況と同じということですね。

 

子どものことを『所有物』や『おもちゃ』と思っている時点でダメなのですが、実際のところ『子どものことを所有物だと思っている保護者』自体は多いと思います。自覺はしていないでしょう。偏見です。

 

以下はわたしの妄想かつ偏見ですので、話半分に読んでください。

 

 

『子を所有物だと思っている』のはなぜなのでしょうか。

それは保護者が「自分自身の存在価値を確立できていないから」なのではないか、そう考えています。

『自分の価値』を確立できていないから、他者を支配することで「自分は他者を支配している。ということは自分には価値があるのだ」と思い込もうとしているのではないか、と思うのです。

 

しかしこの仮説は身体的虐待や性的虐待をしている人にのみ適応されるようにも考えられます。

 

 

それはそうとして。

 

 

『自分自身の価値を確立できていないから、他者を支配して、自分には価値があると思おうとする』

これは虐待とか関係なく、學校で引き起こされる『いじめ』と形容される行為などを行う加害者においても適応されると思われます。

 

もしそれが本当ならば、"主導権を持っているのはどちらなのか"という疑問が浮かんできます。

 

おそらくは『他者を支配したいと思っている側(虐待をする親や、いじめっこと呼ばれる子ども達)』としては「そんなものこっち(加害者)が持っているに決まっているだろう」と主張するでしょう。

しかし、果たしてそうなのでしょうか?

 

加害者側が「他者を支配していないと自己の存在価値を確立できない」ということならば、『虐待を被る子ども(被害者となってくれる存在)がいなければ、虐待保護者(加害者)は自己の存在価値を確立できない』ということになります。

 

支配する相手がいなければ、自分は不能だと思ってしまう。

そんな状態であるとしたら、主導権を握っているのはどちらなのでしょう?

 

『虐待をさせてもらえる子どもがいるから、存在価値を実感できる』のならば、主導権は虐待を施行する保護者(加害者)側には無く、虐待を甘んじて受け入れる子(被害者)の側にある、ということになるのではないでしょうか?

 

 

この力関係?とか構図はSMと似ているように思えますね。

floodinhead.hatenablog.com

 

 

全部妄想ですので話半分に消化してください( ¨̮ )

 

 

でる〜〜〜〜じょん。

 

 

 

ありがとうございました( ¨̮ )

 

UMOU

 

羽毛。

 

ふんわりふわりと空中を漂う、羽毛。

 

ふとした時に目についた、羽毛。

 

その名の通り、鳥から生産される羽毛。

 

生産効率を上げるために鳥が生きたまま、羽をむしり作られる羽毛。

 

むしられたあと、また羽が生えそろったら再びむしられる羽毛。

 

雇用先が決まった状態で生産される、羽毛。

 

雇用先が決まった上で、画一的に生産される羽毛。

 

収穫されて雇用先に売られ、雇われる羽毛。

 

ダウンジャケットやお布団といったものに雇用される、羽毛。

 

生産段階や雇用先の製品から抜け出した、羽毛。

 

その羽毛は空中をふんわりふわりと漂う。

 

羽毛。

力関係

 

本日もご訪問ありがとうございます。

 

SMというコミュニケーション方法があります。

一般的にはSはサディズム(サド)で、Mはマゾヒズム(マゾ)だと言われています。

 

しかし、これってちょっと違うんじゃない?とわたしは感じています。

 

なにが違うのか。

 

それはっていうと、力関係です。

 

 

主導権

『サドの要求をマゾが叶える』ものだと思っている人が多いのではないかと思うのですが(かくいうわたしもそうでした)、これって『マゾ側が要求を飲み込まないと成立しない関係』なんですよね。

つまり、『力関係として主導権を持っているのは、サド側に見えて実はマゾ側』ということです。

 

S側の人間に『嗜虐的なしたいこと』があったとしても、M側の人間が請け合わず「氣にいらない。こっちがなんでも要求飲むからってあんまり調子に乗らないで」と拒否したら、SMの関係は破綻するわけです。

セックスは大前提として信頼関係が素地にあるものですが、SMの関係もまた別の信頼感を必要とするものだと感じます。

 

その信頼感を構築せずに半端者がSを演じた場合は、それは独りよがりなものになるでしょう。

 

SとMの意味

ということは『SとM』の意味合いは、『サドとマゾ』ではなく『マスター(主人)とスレイヴ(奴隷)』だということです。

『サービスのS』だとも言われますが、それは『スレイヴだからサービスもする』ということなのだろう、と思っています。

 

Sの側はMの側の顔色を伺って責めを変化させる。

ということは奉仕をしているのはSの側ですし、『Sが奉仕をしている』ということは主導権はMの側にあるということです。

 

各々の役割

『自称S』が嫌われるのは当然ということですね。

自身の役割や仕事を理解せずに自分勝手な要求だけしているということですから。

可愛くない赤ちゃんなんて誰も愛しません。当然です。

 

また『超敏腕のサラリーマンが実はドMで女王様に飼われている』なんてお話をよくよく耳にしますが、それも当然ということです。

クライアント(S側)の要望を正確に吸い上げて、先方が望むものを提示することを求められている、そしてできるので、カリスマのマゾは仕事のCHOUできる優秀な敏腕会社員としても活躍できるわけです。

カリスママゾが先か、敏腕会社員が先か。

 

🥚 🐓

 

これからは仕事ができそうな敏腕会社員をみたら「Mなんだな」と思うことができますね。別に思わなくて大丈夫です。

 

SでもMでもない"N"という選択

『本当のSは相手に合わせてMの役割もする』というのは有名な話ですが、それは〈相手が求めていること〉を見極められるからなのでしょう。

なので『普段はMだけど相手に合わせてSの役割をする』という逆の場合でも同じです。

 

ここでも『どちらか一方に傾倒しすぎるのは良くない』というわたしの意見が肯定されることになりました。

ぜひとも、SでもMでもない"N(ニュートラ)"でいましょう。

 

 

今回のことは以前に書いていたと思ってたけど、全然一切書いていなかったので、今回認めることと相成りました。

 

これは本当に以前書いたことですが、『"本当に支配するもの"っていうのは、"支配させる"もの』なんですよ。

 

 

ありがとうございました( ¨̮ )

フリー素材、ないかな〜!

 

フリー素材の唐揚げとか、いかの一夜干しとか、ないかな〜!

フリー素材の唐揚げとか、いかの一夜干しとか、食べたいな〜!

 

と、思ったけど、

 

フリー素材も有料のものがあるわけだから、

 

結局『からあげの有料フリー素材』を購入したところで、

 

それはからあげを購入していることと同じじゃない、という結論に至りました。

 

非常に真顔です。

 

 

いかの一夜干しは常に食べたい。

 

本日の晩御飯は麻婆茄子です。

 

さぁ作ろう。

浮力

 

本日もご訪問ありがとうございます。

 

 

 

おなら。

 

我々はおならをします。

 

生理現象です。

 

ですので出すことは必要です。むしろ出さないと不健康です。

 

正確には検査等をしていないので不明ですが、わたしは呑氣症(どんきしょう)という特色を持っているようなので、その腸内ガスが多いです。

 

加えて、元来の体質として便秘氣味なようなので、大腸内でのガス発生が多いように感じます。むしろ健康なのか?

 

なので、おならがよく出ます。ぷっすかぷっすか出ます。

 

お風呂に入っていてもかまわず出ます。

 

水中の泡が、水面を目指してぷかりぷかりと上昇する。

 

そんな時に思ったことがあります。

 

『泡が発生した深さが違う場合って、浮上するときの速度とか違ったりするのかしら?』

 

泡の大きさによって浮上する速度が違うのは、泡それを見ればすぐにわかります。

細かい泡の方が、大きい泡よりもゆったりと遅く浮上します。

 

つまり、大きい泡の方が早く浮上し、細かい泡の方がゆっくり浮上するわけです。

 

では、同じ大きさの泡が別々の深さで発生した場合は速度は同じなのか?

 

今知りたいことはこれです。

 

 

ちょいと調べたところによると、『水中の泡にかかる力は大きく二つで、"浮力"と水が泡を押えつける"抗力"である』そうです。

この『水が押さえつける抗力』というものが「水圧」であるのならば、水圧は深い方が強いので、泡は発生する深度によって浮上する速度が違うということになりますね。

 

水深10mで1氣圧とのことらしいので、水深10mで発生した泡と水深30mで発生した泡とでは、泡にかかる氣圧が違うので、浮上する速度は違うことになります。

 

 

…これが答えなんじゃないか?

 

しかし正確なところは不明です。

わたしの調べ方が浅かっただけだろうけど、あんまりよくわからなかった。

 

 

『小さい泡よりも大きい泡の方が浮力が大きい』というのは、『質量とエネルギーは同じ』という相対性理論に即しているけど、質量の大きい地球から離れようとしているというのは不思議で面白いな。

 

いや?泡というのは質量ではないのか??空氣だから?

いや、水中の泡はマジョリティたる大氣と一緒になるために浮上しているだけということか?

地球の一部から生まれたもの(物体)は地球と一緒になるために落ちるけど、氣体である泡は大氣と一緒になるために浮上する、ということか?

floodinhead.hatenablog.com

 

 

おもしろ〜い( ¨̮ )

 

ありがとうございました( ¨̮ )

こわい

 

本日もご訪問ありがとうございます。

 

人(というより生物全て)はいつ死ぬかわかりません。

昨日会った人が、一時間前に話した人が、今この時には生きていない、なんてことはいつにおいてもあることです。

 

これは今までもよく当ブログで主張してきたことです。

 

この『メメントモリ』の感覺を常に忘れず生きようとは心に置いていることですが、最近思うことがあります。

 

人はいつ死ぬかわからない。

それは自分もそうだし、友人や家族なども同様である。

友人や親に話したいことや、あの時に言えなかったこと、謝らないといけないことってものもあったりします。

しかし「生物はいつ死ぬかわからない」ということは、話せず仕舞いで相手が死ぬなんてこともあり得るわけです。

 

それが恐い。非常に恐い。

 

話したかったこと、話さなければいけなかったこと、を話せないまま死別する。

とても後悔するのではないか、するであろうから、恐い。

 

別に自分が死んだ場合を考えても、そこまで特段の後悔と恐怖は感じないのですが、相手が死んだ場合の後悔と恐怖は計り知れないほどに大きいです。

それは『言うタイミングがあったけど、自分のさじ加減で言わなかったから』なのでしょう。

自分自身の決定が、先一生の後悔になることが恐ろしいのでしょう。

 

だから『言わなきゃいけないこと』や『謝らないといけないこと』は、積極的に解消しておきたい。

もちろん恥ずかしいなんていった感情は起こりますが、恥ずかしいという一時の感情で先一生の後悔を背負うのは耐えられない。

 

オチはないです。

 

この恐怖はなぜ起こったのだろうか?

地球上においての転生が今世で最後とかだから、カルマを残さないようにしていたりするのでしょうか。

 

 

後悔は恐いので、これからも後悔をしないように解消して、正直に生きます。

 

ブロッコリーが美味しい時期になりました。

塩茹でにしましょう。

 

ありがとうございました。